FC2ブログ

    貴重!時代★肩衝形羽子板鉄釜【且座喫茶】中空釜環 銅蓋 茶事 茶道具 表千家 惺斎 釜師作 茶釜 懐石道具 風炉釜 釣釜 鉄瓶

    P2044089.jpg

    時代のある肩衝形羽子板鉄釜【且座喫茶】です。

    羽子板釜はその名の如く羽子板の形をし、鐶附は賽(さい)、
    釜蓋のツマミと座を、羽根の形に見立てた釜で、
    文献によると不審庵の伝来形と、

    のちの惺斎(表千家十二代家元)に
    この「且座喫茶(きざきっさ)」の
    文字のある釜が好まれたと言われています。
    惺斎/せいさい(敬翁宗左)1863年-1937年ですから、
    丁度その頃の時代の貴重なお品です。

    「且座喫茶(しゃざきっさ)」は、
    禅語「喫茶去(きっさこ)」と同じ
    「まあ座ってお茶をおあがり」
    といった意味があります。

    優れた鋳造技術で地鉄鉄味もよく、
    味わい深い上等なもので、
    蓋は銅製、
    軽量で手に熱の伝わりにくい
    上等な中空釜環(中が空洞)が付属します。
    追加画像←詳細はコチラ♪

    沸かしたお湯はミネラル鉄分豊富で体に良いです。
    日本伝統の味わいをお愉しみください★

    ★サイズ(約寸)
    高さ18.5cm+摘み2.5cm
    胴径21.5cm
    口径10.3cm
    重量2.6kgほど

    付属品
    中空釜環2個付き

    茶会談話に花が咲きます^^
    おいしいお茶をご一服どうぞ♪

    詳細は此方←クリックしてください。
    スポンサーサイト

    稀少無傷!桃山時代★古伊賀焼壷33㎝日本六古窯 伊賀 信楽 越前 丹波 備前 茶道 華道 花活け 大壷 中壷 茶壷

    P1014226.jpg

    桃山時代ごろ
    三重県伊賀市で焼かれた日本六古窯の一つ
    無傷で伝来した貴重な伊賀焼壷です。

    武家茶人の注文品と思われる
    入念で大変整った姿をしており、
    何より数百年の時を経て
    大切に無傷で今まで伝えられてきた事は
    感慨深いものがあります。

    火膨れがこの壷に豪快さと個性を与えており、
    見所になっています。

    場所も近い信楽焼と良く似ており、
    クルリと巻いた形の良い玉縁に
    美しい輝きを放つ緑の釉薬が
    口から肩にかけて掛り、長石粒も見られ、
    窯で何日も高温度で焼かれ、
    やや薄手の造りでカンカン♪
    と金属音を放つほど非常に良く
    カリカリに焼き締まっており
    肩の2重線などの特徴から
    総合判断で伊賀焼とさせていただきました。

    重量がございますので
    慎重に水を入れて確認させていただきましたが
    特に問題なく、外観の状態も非常に良いです。
    (膨れの弾けや底部などの当初からあったような
    極微細なソゲはご了承ください)
    時代のある唯一無二の手作り一点物ですので
    画像もご確認の上、ご検討ください。

    床の間飾りとして
    そのままの観賞はもちろん
    梅やススキの穂など
    季節のお花を枝ごと放り込んでお愉しみください♪

    ★サイズ(約寸)
    高さ33cm
    幅26cm
    口外径11cm
    底径14cm
    重量4.4kgほど

    素敵なインテリアを演出してください★

    詳細は此方←クリックしてください。

    レア珍品!時代★伎楽面【崑崙】(きがくめん こんろん)根来塗 乾漆 早稲田大学演劇博物館同手 漆器 舞台 演劇 仏教 仏像


    P1014203.jpg

    時代のある根来塗の伎楽面【崑崙】
    (きがくめん こんろん)です。

    噴怒の形相で頭部の浮きだした血管が、
    大変な迫力を醸し出しています。

    伎楽面(ぎがくめん)は、古代日本で演じられた
    仮面舞踊劇である伎楽に用いられた仮面で
    古くは飛鳥時代・7世紀
    東京国立博物館 重要文化財 
    指定名称:木造伎楽面(法隆寺献納)がございますが、

    後に造られた伎楽面で、さらに迫力ある造形で
    早稲田大学演劇博物館に収蔵されている物と同手の品です。

    東南アジアから中国に奴隷としてもたらされた
    「崑崙奴(こんろんど)」を表現したもので、
    彼らが悪鬼羅刹(あっきらせつ)のような人間である
    という当時の認識により、
    尖った獣のような耳、大きな歯牙、
    暗褐色に彩られた顔など、見るからに怖しく、
    鬼のような容貌に表わされています。

    伎楽の筋書きのなかでは、
    呉女に言い寄り力士に懲らしめられるという
    滑稽な役回りを演じますが、
    その背景には仏法の守護者である
    力士による異教者の調伏といった意味合いも
    込められていたかと考えられます。

    根来塗りは紀州の根来寺に始まった塗の技法で、
    黒うるしの上に朱うるしを塗り、
    長い年月使用されることによって
    少しづつ下の黒うるしが見えてきて、
    それが何とも言えない趣を醸し出し、
    この自然にできる模様を人々は、
    ことのほか賞味します。

    ★サイズ(約寸)
    伎楽面
    高さ28cm
    幅20cm
    奥行き15cm
    重量700gほど

    木箱
    幅30.5cm
    奥行き24.5cm
    高さ19cm
    重量850gほど

    貴重なお品です★
    古に思いを馳せて♪

    詳細は此方←クリックしてください。

    室町~桃山時代★古信楽 壷34.5cm素朴な味わい【侘・寂】焼締 日本六古窯 越前 丹波 備前 茶道 華道 花活け 中壷 大壷 茶壷

    P1014189.jpg

    室町~桃山時代ごろ滋賀県甲賀市信楽で焼かれた
    日本六古窯のひとつの信楽焼壷です。

    安定感のある堂々とした形で
    無釉の焼き締めながら
    古信楽の特色の
    特に赤く発色している処、明るい土肌部分
    ビスケット肌の微妙な色の変化と
    弾けたり噛み込んだ長石粒など見られ、
    素朴ながら飽きさせない
    武家茶人に愛されてきたと思わせる
    玄人好みの品格と魅力ある壷です。

    手ごろなサイズの中型壷で、
    リビングや床の間、茶室に飾れば
    素敵な和のインテリアを演出できます♪

    口縁に2箇所ほど古い欠けがありますが、
    それがむしろシンプルな壺に動きを与えています。

    床の間飾りとして
    そのままの観賞はもちろん
    梅やススキの穂など
    季節のお花を枝ごと放り込んでお楽しみください♪

    ★サイズ(約寸)
    高さ34.5cm
    外口径11cm
    底径15cm
    重量5.8kgほど

    素敵なインテリアを演出してください★

    詳細は此方←クリックしてください。

    江戸時代★古伊万里青磁小皿11㎝2枚 初期伊万里 天青色青磁盃 懐石料理 茶懐石 茶道 古伊万里 豆皿 天塩皿 検)三田 李朝 龍泉窯

    P1014138.jpg

    江戸時代の美しい古伊万里青磁小皿2枚です。

    三田青磁や中国龍泉窯青磁に通ずるような
    非常に美しい発色を呈し、
    サイズはほぼ同じながらアガリ方がそれぞれ異なり、
    特に向かって右側の皿は歪みが少なく
    大変美しい天青色を呈しており、
    高台には小欠けがございます。

    もう一方の左側の皿は少し緑味を帯びた深みのある発色で、
    表面に窯の落下物によるひっつきがあり、景色となり
    歪みを生じているところがいかにも古伊万里らしく、
    面白く味わい深い所で、それぞれに違った表情を見せてくれ
    個性が感じられて所有する喜びを与えてくれます。

    ★サイズ(約寸)
    直径11㎝
    高さ2㎝
    重量110gほど×2枚

    茶懐石や酒の肴をとりわけて
    日本酒でも一服どうぞ!

    詳細は此方←クリックしてください。
    プロフィール

    EMAちゃん♪

    Author:EMAちゃん♪
    アンティーク、骨董品を集めるのが好きで、自慢のコレクションの紹介などしていきますので宜しくお願いします。
    ようこそ!EMAホームページへ☆↓
    http://masamune39.konjiki.jp/

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    ヤフオク出品中!
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR